Product line
しつけ
スーツを縫製するうえで大切なゆとりを逃がさず縫製する為にゆとりが必要な箇所は一度しつけ止めをしてから縫製に入ります。
一環皺だらけの様に見えますが、この皺はゆとりが適切に入っている証なのです。
棒衿
棒衿とは一般的なカマ衿と比べて首に吸い付くように設計された衿のことで、縫製処理には通常の2倍の手間が掛かります。
首に吸い付きネックに重心が掛かる為、肩に服の重さがのらずとても軽い着心地になります。
フロントエッジ
薄く柔らかいシャープなフロントエッジをつくる為に表地と毛芯を付き合わせになるよう設計しています。これによりすっきりとした印象のスーツに仕上がります。
釦ホール
ボタンホールにはメスを入れてから穴をかがる「先メス」と穴をかがってからメスを入れる「後メス」があります。
「先メス」には先にメスを入れかがる為、口が開いたようなボタンホールになってしまいます。それに比べ「後メス」は穴をかがった跡にメスを入れる為、全体的に細く、目が揃ったボタンホールに仕上がります。
仕上げプレス
当社の特徴のひとつでもある棒衿を形づくるうえでとても重要な工程になります。
衿を詰めてどのような首の太さの方が着用しても首に吸い付くように仕上げます。
衿仕上げプレスで使用されるプレス機をはじめ当社で使用されるほとんどのプレス機はオリジナルで製作されたものです。