STYLING

ビジネススーツとしてだけの提案ではなく1つのアイテムで、ビジネス(ON)と休日のお洒落着(OFF)どちらでも着用できるアイテムの重要性が高まってきている。そこでテーラーグリフとしてのスタイリングを下記のように提案する。

styling01
styling02
styling03
styling04
styling05